動画配信でも使える!実機の音をPCのスピーカーから流す方法

ニコ生実機配信に最適!実機の音をPCのスピーカーから流す方法

実機の音をPCのスピーカーから流す(取り込む)方法を紹介します。

この方法を使えば、ノイズをカットしてクリアなサウンドで動画を配信することもできます。

必要な物

必要なものは2つです。

イヤホンコンバーター

イヤホンコンバーター

パチスロ実機の音声を、3.5mm端子で接続できる「イヤホン」「ヘッドホン」「スピーカー」から流すことができます。A-コンバーターならハーネスの交換だけで他の機種への使い回しも可能です。

ステレオオーディオケーブル(オス-オス)

ステレオオーディオケーブル(オス-オス)

A-コンバーターとPCを接続するのに使います。A-コンバーターにはステレオオーディオケーブルが付属していないので、別途購入する必要があります。

接続と設定

A-コンバーターに接続したオーディオケーブルを、パソコンの「ライン入力端子」に差し込みます。なければ「マイク入力端子」及び「イヤフォン・ヘッドフォン出力端子」で代用して下さい。

入力端子
青色 ライン入力端子
緑色 イヤフォン・ヘッドフォン出力端子
赤色 マイク入力端子

デバイスの選択画面が表示されたら、「ライン入力」を選択します。使用しているOSやサウンドカードによっては、画面が異なる及び表示されない可能性があります(次へ進んで下さい)。

デバイスを選択

デスクトップ右下の「スピーカーアイコン」を右クリックし、「録音デバイス」を選択します。

録音デバイスを選択

ライン入力にカーソルを乗せて右クリックし、「プロパティ」を選択します(ライン入力が「無効」になっている場合は、先に「有効(既定のデバイス)」にしておきます)。

ライン入力のプロパティを開く

聴くタブの「このデバイスを聴く」にチェックを入れて、「適用」をクリックします(これでパチスロ実機の音がPCから流れます)。再生デバイスが複数(スピーカー・ヘッドフォン等)ある場合は、「このデバイスを使用して再生する」から選択して下さい。

聴く

レベルタブでは、音量を調整することができます。

最初はどれくらいの音量が出るか分からないので、音量はできるだけ下げておくことをお勧めします。実際に実機を回して音を確認し、音量を調整できたら「適用」をクリックします。音量は実機の「ボリューム」「A-コンバーター」「再生デバイス」でも調整できます。

レベル

拡張タブの「すべてのサウンド効果をオフにする」にチェックを入れて、「適用」をクリックします。サウンド効果はノイズや音の歪みの原因になるのでオフにします。

DCオフセット除去機能も必要ありません。

拡張

詳細タブの「既定の形式」を、44100Hzの「CDの音質」に設定し、「適用」をクリックします。

詳細

設定は以上で完了です。これで実機の音声を直接PCに取り込むことができます。

最後に

動画配信をする時は、配信ソフトを使って、実機の音を取り込んでいるデバイスを選択して下さい。

また、今回の方法と録音アプリ(Windowsに最初から入っているボイスレコーダー)を使えば、実機のBGMや挿入歌をノイズなしで録音することもできます。

Windows10で実機の音声(歌やBGM)を録音する方法

2017.04.18
スポンサーリンク
スポンサーリンク

liica,Inc.
ぱちんこ 魔法少女まどか☆マギカ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。