ニコ生で使える無料高画質配信ソフト「OBS Studio」の設定

ニコ生で使える無料高画質配信ソフト「OBS Studio」の設定

ニコ生実機配信で使える無料高画質配信ソフト「OBS Studio」の設定をまとめておきます。

OBS Studioのダウンロード&インストール

Open Broadcaster Software | Downloadから、OSを選択してインストーラーをダウンロードします(OSが32-bitの方は、すぐ下の「Download Installer (32-bit)」ボタンからダウンロード)。

OBSダウンロード

ダウンロードした「.exe」ファイルをダブルクリックして、OBS Studioをインストールします(特に変更する必要はないので画面を順に進めてインストールして下さい)。

OBSインストーラー

OBS Studioが起動したら準備完了です(自動構成ウィザードは「いいえ」で一旦閉じます)。

OBS起動

OBS Studioの設定

各種設定は、画面右下の「設定」ボタンから行います。

OBSの設定

ニコ生では、配信時に下記の上限値が定められているので、それに合わせて設定を変更します。

ビットレート 映像・音声合わせて6,000kbps(6Mbps)
映像解像度 1280×720
フレームレート 30fps

※視聴者側のビットレート上限は3,000kbps(3Mbps)です。

出力設定

映像ビットレートと音声ビットレートの合計が6,000kbpsになる様に配信項目を設定します。

出力設定
映像ビットレート 5872
エンコーダ ソフトウェア(x264)
音声ビットレート 128
scofield
ビットレートが制限されているので、そこまで大きな効果は期待できないと思いますが、出力モードを「詳細」にして、細かい調整を行えば画質の向上が見込めるかもしれません。但し、その分CPUの負荷も上がります。

音声設定

使用するWEBカメラやマイクをパソコンに接続してから設定して下さい。

設定項目が多くて複雑に見えますが、「デスクトップ音声」と「マイク音声」に使いたいデバイスを選択するだけです(複数指定も可)。必要なければ「Disabled」で無効化します。

音声設定

実機とパソコンをイヤホンコンバーターで接続している方は、「マイク音声デバイス」で実機の音声を直に拾うことができます(既定のデバイス及び接続しているデバイスを選択)。

パチスロ実機の音声(音楽)をパソコンのスピーカーから流す方法

2017.04.16

接続しているデバイスが一覧に表示されない時は、デスクトップ右下のスピーカーアイコンを右クリック「サウンド」から、再生及び録音デバイスを有効にして下さい。

サウンド設定

実際にマイクやデスクトップで音を流して、ミキサーが反応していることを確認します。

ミキサーの確認

映像設定

縮小フィルタで「ランチョス(先鋭化スケーリング、32のサンプル)」を選択します。

映像設定
基本(キャンバス)解像度 1920×1080
出力(スケーリング)解像度 1280×720
縮小フィルタ ランチョス(先鋭化スケーリング、32のサンプル)
FPS共通値 30

ソースの追加(WEBカメラ)

使用するWEBカメラを接続してから設定して下さい。

ソース左下の「+」アイコンから、「映像キャプチャデバイス」を追加します(名前は任意)。

ソースの追加

WEBカメラのプロパティウィンドウが表示されるので、「解像度/FPSタイプ」をカメラの設定に変更し、カメラ側で細かい調整を行いたい時は、「映像を構成」をクリックします。

WEBカメラのプロパティウィンドウ

撮影環境にも影響するので、実際の映像を見ながら調整して下さい。僕が使っているWEBカメラLogicool C922の場合は、自動のチェックを全て外し、「焦点は望遠側で固定(ピントの固定)」&「ホワイトバランスを任意の数値で固定(色の固定)」は必須だと思います。

個人的には、黄色マーカーの項目を調整するだけで十分だと思います(ゲインはカメラのISO感度と同じで、上げると明るくなりますが画質が低下します)。

カメラプロパティの調整 調整後の映像

追加したソースは、「ドラッグしながら移動」及び「枠線をドラッグしながらサイズ変更」が可能です。位置がずれている時は、右クリック「変換⇒画面に合わせる」で自動調整してくれます。

映像キャプチャの位置調整
scofield
リール絵柄が白飛びしている時は、リール前面クリアパネルに遮光・遮熱フィルムを貼ると改善されます(リールの光量を下げる効果があります)。また、外部照明を用意して光量を調整すれば、更に明暗部の差を小さくすることができます。

ソースの追加(PC版データカウンター)

PC版データカウンターを起動させた状態で操作して下さい。

ソース左下の「+」アイコンから、「ウィンドウキャプチャ」を追加します(名前は任意)。

ウィンドウキャプチャの追加

PC版データカウンターのウィンドウを選択します(今回はDIGI-COUNTERを使用しています)。

PC版データカウンターの追加

※必要なければ「カーソルのキャプチャ」のチェックを外して下さい。

WEBカメラの映像とデータカウンターをお好みの位置に配置すれば準備完了です。

放送開始準備完了

PC版データカウンター「DIGI-COUNTER」の特徴と使い方

2017.04.17

配信

ニコ生で放送を開始し、配信設定から「URL」と「ストリームキー」をコピーします(利用規約に同意して「放送開始」をクリックしても、「番組開始」をクリックするまで放送は開始されません)。

「URL」と「ストリームキー」を取得

OBS Studioの設定「配信」から、配信種別「カスタムストリーミングサーバー」を選択し、取得した「URL」と「ストリームキー」を貼り付けて「OK(適用)」をクリックします。

配信設定

OBS Studioの「配信開始」をクリックします。

ニコ生配信開始

ニコ生の放送画面に映像が映し出されたら、スピーカーをミュート(反響防止)にして、映像等に問題がないことを確認して下さい。30分以上の配信をしたい時は自動延長を「ON」にします。

問題がなければ、「番組開始」をクリックして生放送をスタートします(番組開始ボタンを押すまではテスト状態なので誰にも見られることはありません)。

スピーカーをミュートにして「番組開始」をクリック

以上でOBS Studioの設定は完了です。

参考までに、配信中のキャプチャ画像を載せておきます(画像サイズ固定の3Mbps視聴時)。僕のPCスペックでは、CPU使用率20%前後、気になる遅延やブロックノイズは発生していません。

3Mbps
今回使用したPCのスペック
OS Windows 10(64 Bit)
CPU Intel Core i7-3770 CPU @ 3.40GHz
メモリ 8GB
ビデオカード NVIDIA GeForce GTX 650 1GB
HDD SSD 120GB

参考:CPU性能比較
参考:グラフィックカード性能比較

scofield
1年以上更新されていないのであまりおすすめはできませんが、プラグインobs-rtmp-nicoliveを追加すれば、「URL」と「ストリームキー」を自動で取得してくれるので、配信開始のための作業を簡略化することができます。

最後に

ニコ生ではビットレートの上限が設定されているので、ある程度は妥協するしかありません。

特に、一般会員はエコノミータイム時(17時~3時)の視聴ビットレートが最大1Mbpsに制限させているので、どれだけ高画質配信をしても画質の劣化は避けられません。

出力設定で細かい調整を行えば、更なる画質の向上が見込めるかもしれませんが、カメラ、回線速度、パソコンのスペックにも影響するので、細かい調整は配信映像を見ながら各自で行って下さい。

ニコ生実機配信の始め方!必要な機材とソフト一覧

2017.04.16
スポンサーリンク
スポンサーリンク

14 件のコメント

  • 質問させていただきます。
    こちらの記事を参考にOBSを設定していたのですが、データカウンターをキャプチャする際に
    反転してしまいます。なぜなのでしょうか?
    使っているデータカウンターはSlotCountCapter2という無料ソフトです。

    • 僕は経験したことがないのですが、稀に起こる様です(原因は分かりません)。

      プレビューから反転しているウィンドウを右クリック及びソースから反転しているウィンドウ右クリックし、「変換→水平反転or垂直反転」で補正することができます。

  • 反転している問題ですが一度ウインドウキャプチャを削除し、再度キャプチャをし直したら正常に表示されました。
    しかし、今度はウインドキャプチャしたデータカウンターが全て表示されずに枠内が1/4程黒く表示?(説明しづらいのですが)されてしまいます….
    画像のキャプチャを送りたいのですがここでは貼れないみたいなので

    • 基本的なことなのですが、「OBS Studioを再起動する」「SlotCountCapter2を再起動する」「ソースを一度削除して再度ソースを追加する」「PCを再起動する」ぐらいしか僕には方法が思い浮かびません。

      僕は現在配信を行っていないので、あまりお役に立つことができず申し訳ありません。

  • 申し訳ございません。1点、ご質問させていただきます。

    こちらの記事を参考にOBSを設定していたのですが、二コ生で枠を取得後、『配信開始ボタン』を押すと、
    「ログインに失敗しました」と表示されます。

    無論、メールアドレス、パスワードが正しいことは、何度も確認致しました。

    『配信開始ボタン』を押すタイミングなど(「番組開始」を押してから押す)など心当たりが
    ございましたら、ご教示いただけませんでしょうか。

    よろしくお願い致します。

    • 恐らく、プラグイン「obs-rtmp-nicolive」を追加し忘れているのではないでしょうか?このプラグインを追加しないと、放送開始時に放送URLとストリームキーの入力が必要になります。

      やり方は、プラグインの追加方法で確認して下さい。

      ※現在の最新版は「obs-rtmp-nicolive_2.1.0-win.7z」です。

      プラグイン追加後、OBSの配信種別に「ニコニコ生放送」が追加されていることを確認して下さい。

      • scofield様

        早々のご返信、ありがとうございます。

        「obs-rtmp-nicolive」は追加済みです。
        念のため、再度、やり直してみましたが、やはりはじかれました。

        気になったのが、「obs-rtmp-nicolive」は追加時にニコ生のメールアドレスとパスワードを
        入れると「ログインに失敗しました」と表示されます。

        scofield 様は同様なことが発生していますでしょうか。
        ご教示いただけますと幸いです。

        よろしくお願い致します。

        • OBS Studioをインストール→obs-rtmp-nicolive_2.1.0を追加の手順で最初から試してみましたが、問題ありませんでした。

          間違ったパスワードを入力すると、「ログインに失敗しました。アカウント設定を確認して下さい。」というメッセージが表示されるので、ニコニコアカウントの「メールアドレス」と「パスワード」の入力ミスが考えられます。

          もう一度、ニコニコアカウントの「メールアドレス」と「パスワード」を確認して、間違いがないか確認してもらえるとうれしいです。

  • scofield様

    わざわざ、検証していただき、本当にありがとうございます。

    入力しているメールアドレスやパスワードは間違っていないので、
    ニコニコ側でパスワードを変更したりなど試してみます。

    お忙しい中、本当にありがとうございました。

    • すいません横から失礼します。
      OBS Studioをインストール→obs-rtmp-nicolive_2.1.0を追加の手順で最初から試してみましたが
      自分も同じ現象で
      ニコ生のメールアドレスとパスワードを
      入れると「ログインに失敗しました」と表示されてしまいます。
      もし解決しているのであれば解決方法を教えていただけないでしょうか?
      メールアドレスとパスワードは何度かニコ生にログインして間違えてないことを確認しています。
      よろしくお願いします。

      • お役に立てず本当に申し訳ありません。

        もし、同じ現象で解決された方がいれば、コメントして頂けるとうれしいです。よろしくお願いします。

  • scofield にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。