パチスロ実機の配送方法と送料

パチスロ実機の配送方法と送料

パチスロ実機は、「ヤマト便」及び「飛脚ラージサイズ宅配便」で配送することができます。

筐体によって多少差はありますが、実機の重さは「30kg~40kg」、大きさ「奥行40cm x 横幅50cm x 高さ81cm」が一般的です。ヤマト便なら「60kgまで」、飛脚宅配便なら「180サイズ」になります。

2017年5月09日、ヤマト運輸のサービス変更に伴い、記事の内容を大幅に修正致しました。

ヤマト便の特徴

ヤマト運輸のサービスです。

※2017年6月19日より、サービス内容変更で実機は配送できなくなります(30kgまでに変更)。

メリット デメリット
  • 送料着払い可
  • 集荷サービスあり(持ち込みは140円減額)
  • 営業所受取サービスあり
  • 運送保険あり(数十円程度)
  • 梱包は自分でやらなければいけない
  • 配達日&時間帯指定不可

どんなに重い実機でも配送してもらえますが、配達日&時間帯指定ができません。また、営業所に持ち込んでも梱包はしてもらえないので、梱包資材を用意して自分で梱包する必要があります。

この際、ホームセンターでは実機が入る大きさの段ボールは販売されていないので、実機を購入した際に使われていた段ボールを使う及び販社からパチスロ実機用ダンボールを購入して梱包することになります。エアキャップ(プチプチ)等の緩衝材もあると便利です。

ヤマト便の料金は、お荷物の「総重量」とお届け先の「エリア」によって決まり、「実重量」と「容積換算重量」と比較して重い方が「重量」となります。

容積換算重量(kg)= 縦(メートル)×横(メートル)×高さ(メートル)×280

パチスロ実機は、「容積換算重量」が40kgを超えるので、送料は「60kg以下」で計算します。

飛脚ラージサイズ宅配便の特徴

佐川急便のサービスです。

メリット デメリット
  • 送料着払い可
  • 配達日&時間指定可
  • 集荷サービスあり
  • 営業所受取サービスあり
  • 運送保険あり(数十円程度)
  • 梱包は自分でやらなければいけない
  • 50kg以上の荷物は取り扱い不可

配達日&時間指定はできますが、50kg以上の荷物(アステカやガルパン筐体は恐らくOUT)は取り扱ってもらえません。営業所によっては配送をお断りされることもあります。

また、佐川急便でも実機が入る大きさのダンボールは販売されていませんし、梱包もしてもらえません。梱包資材を用意して自分で梱包する必要があります。

飛脚ラージサイズ宅配便の料金は、お荷物の「サイズ(3辺合計)」とお届け先の「エリア」によって決まり、送料は「180サイズ」で計算します(梱包した状態で3辺合計を計測して下さい)。

ヤマト便と飛脚ラージサイズ宅配便の送料比較

お預かり先、お届け先が異なれば送料は異なります。正確な送料は公式サイトで確認して下さい。

例えば、下記は「東京」からパチスロ実機を発送した時の送料です。

送り先 ヤマト便(60kg以下) 飛脚宅配便(180サイズ)
北海道(札幌市) 4,039円 3,078円
東京(23区) 1,728円 2,646円
愛知(名古屋) 2,236円 2,646円
大阪(大阪市) 2,592円 2,754円
沖縄 7,052円 17,496円

一部例外もありますが、基本的にはヤマト便を利用した方が送料は安くなります。

らくらく家財宅急便での配送は不可

2017年2月1日より、らくらく家財宅急便の荷受基準が変更されたため、らくらく家財宅急便でパチスロ実機を配送することはできなくなりました。

らくらく家財宅急便で配送できない商品

お受けできない主な商品例の精密品一覧に、「パチンコ台」「スロット台」が含まれています。

最後に

僕は今まで「ヤマト便」と「らくらく家財宅急便」を利用していたのですが、サービス内容変更によって、2017年6月19日以降、ヤマト運輸ではパチスロ実機の配送ができなくなります。

今後は、佐川急便の「飛脚ラージサイズ宅配便」が主流になるのかもしれません。とりあえず、梱包作業は必要になるので、実機を購入した際の段ボールと梱包資材は必ず保管しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク