PC版データカウンター「DIGI-COUNTER」の特徴と使い方

動画配信で見やすい!PC版データカウンターを表示させる方法

A-SLOTのPC版データカウンター「DIGI-COUNTER」の特徴と使い方をまとめておきます。

DIGI-COUNTERの特徴

DIGI-COUNTERの特徴をざっくりまとめるとこんな感じです。

ポイント
  1. 細かいデータ「差枚」「機械割」「スランプグラフ」まで分かる
  2. 外部集中端子基板は基本的に全機種共通なので他の機種にも使い回しができる
  3. 機種情報をダウンロードできるのでPINの設定は不要
  4. Windows10対応
  5. パソコンとの接続はUSB端子
  6. デザインが綺麗
  7. レイアウトを自由に変えられる(操作が簡単)
  8. データを保存できる(続きからプレイも可能)
  9. ニコ生等の動画配信で使うと見やすい
  10. 場所をとらない
  11. Windows7・8.1でも動作しますがサポート対象外
  12. Windows専用なのでMacOSには対応していない

DIGI-COUNTERは、A-SLOTから販売されているWindows専用のPC版データカウンターです(ユニット付属)。インターネット経由で登録されている機種情報をダウンロードでき、レイアウトやデザインも簡単に変更できます。使い方が簡単かつデザインが綺麗で見やすいのも特徴です。

ちなみに、ニコ生ではSlotCountCapter2を使っている方もたくさんいますが、ユニットは別途購入する必要がありますし(現在はAmazonや楽天市場では販売されていません)、Windows10では上手く動作しない可能性もあるので、SlotCountCapter2を使う場合は自己責任でお願いします。

パソコンに詳しくない方は、サポートのあるA-SLOTでDIGI-COUNTERを購入した方が安心です。

DIGI-COUNTERの使い方

インストール

付属のCDからDIGI-COUNTERをパソコンにインストールします。

DIGI-COUNTERをパソコンにインストール

自動で起動されない時は、CDの「inst.hta」ファイルから起動させて下さい。

自動起動しない時は「inst.hta」から起動させる

URLをクリックしてDIGI-COUNTERソフトのインストール画面を開きます。

URLをクリックしてDIGI-COUNTERソフトをインストール画面を開く

インストール」ボタンをクリックすると、パソコンにDIGI-COUNTERがインストールされます。

「インストール」ボタンをクリックでDIGI-COUNTERがインストールされる

初期設定ではCドライブのUsersフォルダ内に保存されます。

DIGI-COUNTERとパソコンの接続

デジタル入力ケーブルのコネクタを外部集中端子基板(実機内部右上に設置されている機種がほとんど)に挿し込み、背面の穴から「データカウンター延長ハーネス」「USB接続デジタル入力ケーブル」「USBケーブル」を繋いで、USBケーブルをパソコンのUSBポートへ接続します。

デジタル入力ケーブル

特に迷うところはないと思います。接続は簡単です。

DIGI-COUNTERの設定

デスクトップに作成されたアイコンから、DIGI-COUNTERを起動させます。

この際、実機とパソコンは接続した状態で起動させて下さい(接続していない場合はソフトを起動できません)。また、機種情報を取得する時は、インターネットに接続している必要があります。

DIGI-COUNTER起動

メニューの「インターネットから取得」をダブルクリックして、機種情報をダウンロードします。

未登録の機種は、「新規作成」から個別にPIN情報を入力することもできますが、分からない時はA-SLOTにリクエストを出しましょう。早ければその日のうちに機種情報を登録してくれます。

機種情報を取得

機種情報が追加されたら、機種名をダブルクリックして「新規データの作成」を行います(細かい調整が必要であれば右クリックの「編集」から行って下さい)。

追加された機種情報

設定値を選択したら、「新規作成」からデータ名を入力して「入力完了」をクリックすれば新規データが作成されます(データは複数作成することも可能)。

新規データを作成

追加したデータ名をダブルクリックすると、DIGI-COUNTERのデータがパソコン画面に表示されます。実際にプレイして、DIGI-COUNTERが正常に動作していることを確認して下さい。

DIGI-COUNTERの起動

起動中のデータは自動で保存されます(いつでも続きからプレイすることが可能)。

後は、必要ない情報を削除したり、レイアウトをお好みで変更します(背景に画像を挿入することもできます)。マウス操作で変更できるので、ほとんど直観で操作できるはずです。

カスタマイズしたデータカウンター

レイアウトが決まったら、上段「レイアウト」タブから設定を保存しておきましょう。

これでDIGI-COUNTERの設定は完了です。

動画配信で使えるDIGI-COUNTER(デジ・カウンター)のレイアウト変更方法

動画配信で使えるDIGI-COUNTER(デジ・カウンター)のレイアウト変更方法

2017年4月17日

最後に

DIGI-COUNTERのメリットは、「設定が簡単」「ほとんど直感で操作できる」「レイアウトのカスタマイズが自由」「見栄えが綺麗」「他の機種にも使い回しができる」という点です。

少し高価なオプションですが、動画を配信をしたい方にはおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。