A-コンバーターの取り付け方

A-コンバーターの取り付け方

A-コンバーターの取り付け方をまとめておきます。

※今回はKPEのマジハロ5の内容です(メーカーや機種によってコネクタの位置が異なります)。

A-コンバーターの説明書

コネクタの位置は機種によって異なります。必ず説明書で確認して下さい。

A-コンバーター説明書

8chのマジハロ5の場合は、高音用2つ、低音用2つ、ウーファー用1つの計5つのコネクタを差し替える必要があります。この際、8chのA-コンバーターは問題ありませんが、4chのA-コンバーターを使用する場合は、高音、低音、ウーファーのいずれかをカットしなければいけません(スピーカーから音を出したくない場合はカットしたスピーカーのコネクタを抜いておく)。

また、高音用、低音用、ウーファー用のコネクタは、それぞれ形状が異なります。

実機スピーカーのコネクタと差し替える時は対応場所を間違えないで下さい。

コネクタの形状が異なる

A-コンバーター本体と変換ハーネスを接続するコネクタは共通です。

A-コンバーター本体と変換ハーネスを接続するコネクタは共通

A-コンバーターの取り付け方

コネクタを抜く時の注意

コネクタを抜く時は必ず「ツメ」を押さえて抜いて下さい(全てのコネクタについています)。

コネクタのツメ

ツメを押さえず強引に抜こうとすると、コードがちぎれる可能性があります。

高音・低音用コネクタの差し替え

扉裏にある前面スピーカーのコネクタを4つ外し、赤丸に高音用コネクタを2つ、青丸に低音用コネクタを2つ差しを込みます。

高音・低音コネクタの差し替え

抜いたスピーカーのコネクタは、邪魔にならない様に放置しておいて下さい。

抜いたスピーカーのコネクタは放置

ウーファー用コネクタの差し替え

ウーファー用のコネクタは、リールユニットを外して差し替えなければいけません。

リールユニットの下のネジを3本外します(プラスドライバーが必要)。

リールユニットのネジを3箇所外す

リール上部のコネクタを4箇所外します。

リール上部のコネクタを4箇所外す

リールユニットを手前に引いて取り外します。

リールユニットを外す

内部左側にある背面スピーカーのコネクタを外し、ウーファー用のコネクタを差しを込みます。

ウーファーのコネクタを差し替える

これでコネクタの差し替えは全て完了です。

リールユニットを戻す前に、機種別変換ハーネスのコードを全て背面の穴から出しておきます。

機種別変換ハーネスのケーブルを背面の穴から出しておく

リールユニットを戻して、抜いたコネクタとネジを元通りにします。

リールユニットを戻す

A-コンバーターと機種別変換ハーネスの接続

最後に、A-コンバーターと機種別変換ハーネスのコネクタを接続すれば完了です(区別なし)。

A-コンバーターと機種別変換ハーネスのコネクタを接続

後は、ヘッドホンやスピーカーを接続して自由に楽しんで下さい。

A-コンバーターとイヤホン

音量は実機の純正スピーカーとA-コンバーターのVolumeつまみで調整できます。

最後に

今回(マジハロ5)はリールユニットを外してコネクタを差し替えましたが、基本的に4chの機種はリールユニットを外す必要はありません。コネクタを差し替えるだけです。

慣れてしまえば、コネクタの差し替えに必要な時間は2~3分程度です。

オプションだけで購入しても、後から自分で簡単に取り付けることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。