麻雀物語2~めざせ!雀ドル決定戦!~アプリの評価

麻雀物語2~めざせ!雀ドル決定戦!~アプリの評価

アプリを購入すると、「ジュークボックスで搭載楽曲が聞き放題!」ということで、「麻雀物語2~めざせ!雀ドル決定戦!~」のアプリを購入したので感想と評価を書いておきます。

ちなみに、Xperia Z1 SO-01F(2013年10月)でも問題なく動作しました。

通常時及び確変時の大当たり確率変更が可能

最初に「プレイモード」を選択します。

プレイモード選択

確変状態(雀じゃんRUSH)からプレイすることも可能ですし、大当たり確率は下記の組み合わせから自由に選択できます。但し、甘デジ仕様になる訳ではありません。ベースはミドルスペックです。

開始状態 通常ステージ or 雀じゃんRUSH
低確率 1/299.3 1/199.0 1/99.0
高確率 1/69.5 1/49.0 1/29.0

液晶は3段階で大きさ変更が可能

液晶画面の大きさは、標準的な3段階変更が可能です。

麻雀物語2液晶画面

但し、最小画面をベースにしているので、拡大すると液晶背景の画質が若干落ちます(変動図柄は拡大しても劣化しないっぽい!?)。

ボタンの振動に合わせてスマホが振動する

ボタンの振動に合わせて、スマホもバイブレーションします。

ボタンの振動

ジュークボックスで搭載楽曲が聞き放題

サントラに収録されている20曲に加えて、変動BGMや効果音50曲、計70曲が全てフルVer.で聴けます。これだけでも十分価値があると思います。

ジュークボックス

また、アプリは3秒で起動できるので、音楽プレイヤーとしても使えます。

但し、リピート再生と再生中の楽曲選択は可能ですが、1→2→3といった様なオートプレイができないのが少し残念ですね。改善されないかな・・・。

少し不満に感じた点

少し不満に感じた点も紹介しておきます。

メニュー

1つ目は、オートプレイの性能です。保留玉がMAXになったら自動で打ち出しを停止する機能がついていたら良かったですね。基本的には垂れ流しです。ただ、大当たり後の右打ち、大当たり終了後の左打ちは自動で調整してくれるので、放置は可能です。

2つ目は、釘調整ができないことです。

3つ目は、強制フラグがないことです。強制的に当たりを仕込めると良かったですね。

不満に感じたのはこれぐらいです。

最後に

アプリは2,000円と少し高目ですが、アプリ内購入は一切ないですし、ジュークボックスで搭載楽曲も聞き放題なので、じゃんぴんガールズが好きな方は十分満足できると思います。

販売 HEIWA Corporation
アプリ価格 2,000円(アプリ内購入なし)
サイズ 3.4G
iPhoneアプリ Heiwa Corporation
Androidアプリ Heiwa Corporation
今回使用した機種 Xperia Z1 SO-01F(2013年10月)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

liica,Inc.
ぱちんこ 魔法少女まどか☆マギカ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。