【777NEXT】クラウドオートで回せるG数と消費するST缶の個数

クラウドオートで1日放置して回せるゲーム数と消費するST缶の数

クラウドオート放置で「回せるG数」と「消費するST缶の個数」についてまとめておきます。

開店~閉店までの間に回せるG数と消費するST缶の数

理論値

通常エリアとイベントエリアの理論値(クラウドオート)は下記の様になっています。

通常エリア イベントエリア
営業時間 13時間 18時間
1時間で回せるG数 1,200G 1,200G
フルで回せるG数 15,600G 21,600G
ランク1で必要なST缶 最大125個 最大346個

※ランクが上がればSTの最大値が増加するのでST缶の消費は少なくなります。

イベントエリアは、通常エリアより「ST消費が2倍+営業時間が5時間長い」ので、通常エリアの倍以上のST缶が必要になります。その分獲得できるポイントは2倍です。

プレイ開始前に確認

プレイ開始前に「閉店までのG数」と「閉店までに必要なST缶」が表示されます。

回せるG数と必要なST缶はプレイ開始時に確認できる

但し、ランクは考慮されていますが、時間によるST回復が考慮されていません。実際に必要なST缶はもう少し少なくなります(ST缶の必要個数はランクに影響します)。

ST缶自動消費「OFF」でクラウドオート放置(通常エリア)

ST缶を消費せず、開店~閉店までクラウドオートで放置する方法です。

クラウドオートへ移行する際、ST缶自動消費設定を「OFF」にします。大して回せないので特に設定する必要はありませんが、必要ならPUSH通知を設定して下さい。

ST缶自動消費設定OFF

警告が出ても、無視して「いいえ」を選択します。

クラウドオート設定

最後に、下記画面で「OK」をタップすれば、クラウドオートへの移行は完了です。

クラウドオートに移行

ST缶自動消費設定を「OFF」にして、クラウドオートで放置した結果が下記になります。

クラウドオートを使ってST缶消費なしで一日放置した結果

ST缶がなくても、開店~閉店まで放置すれば「500G~700G」回すことができます。

理論値では、STは3分おきに200回復(回復量にランク差はない)するので、1時間で4,000、開店~閉店までの13時間で「52,000(650G)」回復します。最初のSTと合わせれば、775G以上回せるはずなのですが、実践値では650G前後に収まっています。自然回復で回せるG数は500Gちょいでした。

ST缶自動消費設定「OFF」でも、「最初のST+自然回復したST」分のG数は回せるので、ST缶がなくても、クラウドオートで放置して経験値とイベントポイントを獲得できます。

ST缶消費個数 0個
回せるG数 約500G(自然回復分)+α(最初のST分)

ランク上げやイベントに参加したい方は、ST缶がなくてもクラウドオートで放置しましょう。

ST缶自動消費「ON」でクラウドオート放置(通常エリア)

ST缶を消費して、開店~閉店までクラウドオートでフル回転させる方法です。

ST缶自動消費設定を「ON」にして、クラウドオートで放置した結果が下記になります。

クラウドオートを使ってST缶消費ありで一日放置した結果

ランク109で消費したST缶は「98個」でした。

消費したST缶

理論値と実践値は下記の様になっています(ランク109の場合)。

理論値 実践値
ST缶消費個数 103個 98個
回せるG数 15,588G 15,346G

強制フラグを仕込んだ10分程度のタイムロスを考慮すると、プレイ開始前に表示された「閉店までのG数」と僅差になっています。また、自然回復分「13時間で52,000(650G)」を考慮すると、「閉店までに必要なST缶」も僅差です。

ST缶自動消費設定「ON」でクラウドオート放置する時は、プレイ開始前に表示される「閉店までのG数」と「閉店までに必要なST缶」を参考にして下さい。信頼できる数字です。表示されているST缶があれば、確実に閉店まで回しきることができます。

最後に

今回のデータは、通常エリアの開店~閉店まで「13時間」のデータです。

ホールを変更して一日フル回転させれば、この倍近くのG数とメダルを獲得できます。但し、ST缶の消費も倍になります。とてもじゃないですが、微課金勢には半日でST缶100個消費する余裕はありません。イベント内容にもよりますが、報酬は消費したST缶の半分も返ってきませんからね。

普段はST缶消費なしと期限付きST缶でクラウドオート放置、時々イベントで勲章を獲得しながら全ツッパが僕のプレイスタイルです。ランキングは気にせず、自分のペースで遊んでます。

【777NEXT】ゲリライベント攻略!微課金勢がランキング上位を目指す

2017.06.01
スポンサーリンク
スポンサーリンク